コンテンツを開く

テーマのトレンド

OPSEC(運用上のセキュリティ)のための10の秘訣

OpSecが適正なレベルに保たれていることは情報セキュリティにとって必要不可欠な要素です。出張中に心に留めておくべきことは何でしょうか。運用上のセキュリティ、つまり、OpSecはライバル企業や他の利害関係者が使用するメソッドを収集するといった積極的な諜報活動に対抗するための自己防衛の取り組みの中で、多くの組織にとって必要不可欠なものです。しかし、それは具体的には何を示しているのでしょうか。

簡単に言ってしまえば、OpSecは何か価値のあるものを守るために導入する手段です。価値はあらゆるものに含まれているでしょう。財務情報、将来戦略計画、企業秘密、あるいは、業界内の噂話にさえもです。それら価値あるものが、万一悪意のある第三者の手に渡ったら、組織に問題を引き起こすかもしれません。

では、実際に信頼できる運用上のセキュリティプロトコルとはどのようなものでしょうか。多くのセキュリティ関連の質問と同じように、その答えは「状況による」です。誰に対しても適用できるベストプラクティスがいくつか明らかになっていますが、それぞれの組織が必要とするOpSecは、業界の種別や運用環境など多くの要因に左右されます。

OpSecについて考えるときに多くの人は、最先端のノウハウを使用し日々スパイのように内密に仕事をしている人を思い浮かべます。しかし実際には、適正なレベルのOpSecプロトコルは単純なヒューリスティックスやガイドラインから構成することができます。これらのプロトコルは、盗むことが非常に難しい情報を安全に保つための些細な妥協にさえもしばし適用されます。

信頼できるOpSecを保つことは一般的なオフィス環境においてさえも必要不可欠ですが、ほとんどの場合、OpSecの重要性は出張中において飛躍的に増大します。いつもと違った安全でない環境で事務処理を行う際に機密情報漏洩の可能性が高くなるためです。クリックして漫画の続きと最後のTipsを読んでみて下さい。

OPSEC(運用上のセキュリティ)のための10の秘訣

クリックしてPDFファイルを開く

OpSecを適正レベルに保つことはストレスを感じますが、そんなに複雑なことは必要ありません。常識とシンプルなセキュリティプロトコルを使用するだけで十分な場合が多いのです。思い出して下さい。OpSecは事が起こった後では機能しないのです。漏洩はもみ消すことができませんし、隠すこともできないのです。情報が外に出たら、それはもう外にあるのです。

推奨していることを知りたいですか。セキュリティに妥協した結果引き起こされる問題に対処するのではなく、結局のところ問題の発生を防止した方がよいのです。

では、安全には気をつけて行ってきて下さい。

Leave a comment

Oops! There was an error posting your comment. Please try again.

Thanks for participating! Your comment will appear once it's approved.

Posting comment...

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連する投稿

Newsletter modal

下のボタンをクリックしてコンテンツを確認ください。

Gated Content modal

ありがとうございます。登録を受付ました。 購読受付のメールをお送りしたのでご確認ください。