コンテンツを開く

テーマのトレンド

さよならFlash!Google ChromeがHTML5をデフォルトにする予定

F-Secure Japan

10.08.16 1 min. read

ショーン・サリバン

五月の報道のとおり、GoogleのChromeブラウザの背後にいる開発チームは、2016年第4四半期中にHTML5をデフォルトとする計画を立てている。

GoogleのテクニカルプログラムマネージャーであるAnthony LaForgeは次のように述べている。

 「Chromiumでは今年中に、Navigator.pluginsとNavigator.mimeTypesのデフォルトの応答を変えることにより、Flash Playerの存在をWebサイトに通知する方法の変更を予定しています。もしWebサイトがHTML5のエクスペリエンスを提供しているのなら、この変更によってHTML5が第一のエクスペリエンスになるでしょう。当社は引き続きChromeと共にFlash Playerを提供していきます。もしWebサイトで本当にFlashが必要な場合、ユーザが最初に当該サイトを訪れたときにページの最上部にプロンプトが現れ、そのサイトでFlashを許可するかどうかユーザに選択肢が与えられます」

Google ChromeがほどなくAdobe Flashの廃止へと向かうであろうことを、今年すでに私は当社の2015年の脅威レポート上で予言していた。

google-chrome-flash-prediction

そして、MozillaとMicrosoftもこれに続くだろう。これでワンアウト、あと2つだ…。

脅威レポートから該当の記事を再掲する。

Flash:手の届くところにぶらさがっている最後の果実

マルウェアによるエクスプロイトがコモディティ化して10年は経つ。2006年の間は特に顕著だったので、情報セキュリティのアナリスト達の間で、マイクロソフトの月例パッチ公開日「Patch Tuesday」の翌日を「Exploit Wednesday」と冗談めかして呼ぶようになった。迅速に対応することが、成功の鍵だ。火曜日にマイクロソフトが更新をリリースすると、その根底にある脆弱性を発見するべく、即座にリバースエンジニアリングが行われる。そして脆弱性が判明するとすぐにマルウェア攻撃で使用するためのエクスプロイトが作り上げられる。これはまだ更新していないユーザを攻撃することを目的としている。

マルウェアキットの出現により、2006年遅くにマルウェアのコモディティ化はさらに進んだ。MPackのような初期のキットは、ますます増加する要求を満たすほど迅速に拡張ができず、それら自身の成功の餌食となった。しかしそのような成長の痛みは、マルウェアサービスによって間もなく解消され、今日では闇市場に多数のエクスプロイトキットがある。

Exploit Wednesdayはもう終わった。マイクロソフトのソフトウェア[1]は10年前と比べ物にならないくらいセキュアになり、パッチもはるかに迅速に公表される。エクスプロイトキットは、マイクロソフトからアドビへと移行した。Acrobat Readerは(Flashも)一時期は最大の標的であった。しかしブラウザがネイティブにPDFをサポートし始めて、Acrobat Readerはほぼ不要になりつつあった。アドビ社は強力な更新サイクルを適用し、同社ソフトウェアは一時的に危険な状況から脱した。その次は、Javaのブラウザプラグインが標的として好まれるようになり始めた。群れの中の一番弱い者だからだ。ブラウザの開発者たちは、程度に差はあれ、極めて制限のある場所へとJavaプラグインを押し込めた。

そして現時点では…、今でもエクスプロイトキットの標的となっているプラグインでは、アドビ社のFlashが最後で「最良」だ。しかし、どれだけ長い間、そうなのだろうか?

2010年4月29日、スティーブ・ジョブスは「Thoughts on Flash(Flashについての考察)」という公開書簡を示した。ここでは、なぜアップル社がiOS機器上でFlashを許容しないのかについて説明がなされている。少なくともモバイル端末上では、その時がFlash Player終焉の始まりだと数多くの技術アナリストが指摘している。この指摘は真実だと証明された。2012年6月28日のアドビ社のアナウンスでは、Android 4.1向けの公式なFlash Playerの実装は提供せず、また2012年8月15日以降はGoogle Play経由でのインストールが制限されることになるだろうとのことだった。[2]

それ以来Flashはデスクトップ市場にしがみついているが、見渡す限り非推奨になっている。2015年8月にはアマゾンが「2015年9月1日以降、Flash広告を受け付けない」と発表した。グーグルは2016年2月にアマゾンの先例に従った。グーグルの広告ネットワークであるAdWordsとDoubleClickも、2016年6月30日以降、Flashベースの表示広告の受け付けを停止する。また2017年1月2日には、Flashベースの広告を無効にする。

この時点で、私は2017年前半のことを次のように予測をたてることができる。Flashベースの広告のサポートがもはや必要でなくなれば、Google Chromeブラウザは積極的にユーザが任意の種類のFlashを要求するサイトをホワイトリスト化するように求める。MozillaのFirefoxやMicrosoft Edgeでも同様になるだろう。そして2017年の春までには、エクスプロイトキットが憂慮される限りFlashは効率的に馘首されることになる。

目に見える新たな果実がろくに無いという、破壊的な未来にエクスプロイトキットは直面している。コモディティ化されたマルウェアサービスは、現在流行中のマクロベースのマルウェアのような、添付ファイルのマルウェアの使用へとさらに転換するだろう。

人々がダイアログを消すために「OK」をクリックするのを防ぐことができさえすればいいのだが。

[1] Silverlightは全面的に例外で、現在キットとして悪用されている。だが、NetflixはSilverlightをお払い箱にしており、願わくば同技術もすぐに絶滅するだろう。

[2] 皮肉なことに、Androidマルウェアの多くのやり取りは、Flashの更新が必要だと主張する、虚偽の広告経由でプッシュされる。Flashが存在しない場合でも、その遺産がソーシャルエンジニアリング上の脆弱性をもたらすことになる。グーグルの検索エンジニアたちは、そのような広告を表示するサイトについてChromeが警告を行うように設計し始めている。

F-Secure Japan

10.08.16 1 min. read

カテゴリ

Leave a comment

Oops! There was an error posting your comment. Please try again.

Thanks for participating! Your comment will appear once it's approved.

Posting comment...

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連する投稿

Newsletter modal

ありがとうございます。登録を受付ました。 購読受付のメールをお送りしたのでご確認ください。

Gated Content modal

下のボタンをクリックしてコンテンツを確認ください。