コンテンツを開く

テーマのトレンド

CC-DRIVER – 人的および技術的牽引力の理解によるサイバー犯罪への対抗の取組み

F-Secure Japan

16.09.20 2 min. read

エフセキュアは、欧州の法執行機関のサイバー犯罪対策を支援するために設計されたHorizon 2020プロジェクトにおいて、EU全域の13の組織からなる「CC-DRIVER」コンソーシアムの主要な技術パートナーです。 このプロジェクトの提案と革新的なアプローチは、Europol、INTERPOL、国連薬物犯罪事務所(UNODC)からの支援を受けており、EUにおけるサイバー犯罪の背景にある要因を、特に若者のサイバー犯罪への誘導要因に焦点を当てて調査しています

2020年5月6・7日に開催されたバーチャルキックオフミーティングには、 欧州全域の法執行機関、研究センター、大学、産業界、市民社会などのパートナー 組織の代表者や欧州委員会の代表者など30名以上が参加し、プロジェクトが正式にスタートしました。

サイバー犯罪は 、現象の複雑さや技術的・人的要因の複雑さから、法執行機関や政策立案者にとって重要な課題となっています。したがって、本プロジェクトの主な成果は、脅威の状況を追跡し、証拠を収集し、犯罪活動を混乱させることを容易にするためのツールとトレーニング教材の開発にあります。サイバー犯罪認識ツールは、犯罪者の動向や戦術に関する最新の情報を提供し、調査ツールはフォレンジック分析の自動化とデータマイニング能力を向上させます。

エフセキュアの 貢献領域は以下の通りです:

  • サイバー犯罪者が利用する技術や戦術の研究、特にサイバー犯罪をサービスとして提供する分野に焦点を当てた研究
  • 脅威インテリジェンスデータの収集、集約、強化、可視化のための新しい方法
  • 問題空間への機械学習技術の適用に焦点を当てた、フォレンジック分析の方法とツールの開発。

このプロジェクトは、英国のトリラテラル・リサーチ社と共同で実施しています。  その他のコンソーシアム・パートナーは、FORTH(ギリシャ)、SIMAVI(ルーマニア)、バレンシア地方警察(スペイン)、 Policia  Judiciária (ポルトガル)、ローザンヌ大学刑事科学部(スイス)、KEMEA(ギリシャ)、バイエルン公共サービス応用科学大学警察学科(ドイツ)、イースト・ロンドン大学(イギリス)、情報セキュリティ・フォーラム(イギリス)、 PrivaNova (フランス)、ヘレニック警察(ギリシャ  )  です  。詳細  については、CC-DRIVER  のウェブサイト https://www.ccdriver-h2020.com/ をご覧ください。


CC-DRIVERプロジェクト( サイバー犯罪の推進要因の理解 、サイバー犯罪 行為の防止、調査、軽減のための新しい方法 )は、欧州連合(EU)のH2020研究・イノベーション プログラム 下で、助成金協定番号883543を受けています 。

 

F-Secure Japan

16.09.20 2 min. read

カテゴリ

コメントを残す

Oops! There was an error posting your comment. Please try again.

Thanks for participating! Your comment will appear once it's approved.

Posting comment...

Your email address will not be published. Required fields are marked *

注目記事

関連する投稿

Newsletter modal

登録を受付ました。 購読受付のメールをお送りしたのでご確認ください。

Gated Content modal

下のボタンをクリックしてコンテンツを確認ください。