コンテンツを開く

テーマのトレンド

ランサムウェアに感染したら犯人と交渉してみる

ショーン・サリバン

先日、当社は、様々な暗号化ランサムウェアファミリーの顧客サービスについての調査結果を公表した

ランサムウェアの犯罪スキームでは、コミュニケーションが極めて重要な要素となっているため、当社ではその比較テストを実施してみた。

調査から得られた最大の教訓は何か。ランサムウェアに感染したら交渉してみること、である。

ransomware-customer-service-research-findings

交渉することで、こちらの側で失うものはほとんどないし、誘拐犯の側も、「顧客」とやり取りするのをいとわないものが大半のようだ。

また、当社のレポート(ダウンロード)には、付録として、誘拐犯とのメールのやり取りの様子が記されている。興味深い身代金交渉である。

あるランサムウェアの犯罪組織は、フォーチュン500に名を連ねるある企業により、ライバル企業をハッキングするために雇われたと主張している。

カテゴリ

Leave a comment

Oops! There was an error posting your comment. Please try again.

Thanks for participating! Your comment will appear once it's approved.

Posting comment...

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連する投稿

Newsletter modal

ありがとうございます。登録を受付ました。 購読受付のメールをお送りしたのでご確認ください。

Gated Content modal

下のボタンをクリックしてコンテンツを確認ください。