コンテンツを開く

テーマのトレンド

AVソフトウェアがなかったら、ウイルス感染をどうやって調べるのか?

F-Secure Japan

19.11.19 5 min. read

マルウェアにはさまざまな種類があり、コンピュータウイルスもその1つです。「コンピュータウイルス」は、最も古いタイプのマルウェアであるため、一般的にあらゆる種類のマルウェアを包括的に示す代名詞として使用されています。 それでは、コンピュータがウイルスや他の種類のマルウェアに感染したことは、どうすれば知ることができるのでしょうか?AV(ウイルス対策)ソフトウェアを使用しているなら、マルウェアに遭遇したことに気付くはずです。しかしながら、セキュリティプログラムを導入していても、マルウェアが侵入する可能性は残っています。

マルウェアを検知する方法

AVソフトウェアのことは少し忘れて話を進めていきます。

マルウェアは、その種類によって、振る舞い、実行方法、流通方法が異なります。そして、検知の難易度もマルウェアの種類によって異なります。一部のマルウェアは検知されることを前提にして作られていますが、一般的にマルウェアは可能な限りコンピュータに長期間潜伏することを意図しています。

ランサムウェア

たとえば、ランサムウェアはその存在を知らせようとするため、非常に簡単に検知することができます。しかし、残念ながら見つけたときはすでに手遅れのケースがほとんどです。ランサムウェアはすべてのデータを暗号化し、復号化するためのキーと引き換えに身代金を要求します。ランサムウェアの詳細と、ランサムウェアに感染した場合の対処方法については、こちらから入手(英語)できます。

アドウェア

アドウェアも簡単に見つけ出すことができます。コンピュータの画面に見慣れない広告が表示されていませんか?それはアドウェアかもしれません。ただし、インストールしたプログラムやアプリケーションの中には、マルウェアではなくとも広告が表示される場合があります。これは特に、多くの無料アプリケーションを使う時に広告が表示されるモバイルデバイスに当てはまります。広告を表示するアプリケーションやプログラムを使用していないのに、画面に広告がポップアップされる場合は、気を付けなければいけません。またアドウェアは、通常、地元の食料品店のセール広告などを表示することはありませんが、オンラインギャンブルやアダルトコンテンツなど、もっと疑わしいコンテンツを含む広告を表示する傾向があります。

クリプトジャッカー

ある程度簡単に検知できる別の種類のマルウェアは、コインマイナー、別名クリプトジャッカーがあります。クリプトジャッカーは、感染したコンピュータを利用してビットコインのような暗号通貨を生成します。その時には、コンピュータの速度が低下し、インターネット接続が使用され、発熱してファンが騒音を立てます。また、タスクマネージャでそれらを見つけることもできます。大量のメモリを消費する不明なプロセスが実行されている場合は、クリプトジャッカーの可能性があります。

ダメージディーラー

ウイルスやワームなどの一部のマルウェアは、コンピュータのファイルを削除したり、プロセスを中断するなど、デバイスに顕著な損害を与える可能性があります。また、画面に何かを表示させることもあります。コンピュータ上で望んでいないアクションや自分で実行したはずのないアクションによって、発見することができます。「ファイルが見つかりません」、「デバイスが正常に機能しません」または、「機能停止状態です」といった、警告がポップアップ表示されていませんか? それとも「ウイルス対策プログラムが無効になっています」と警告していませんか?デバイスの動作が突然以前より遅くなっていませんか?これらはすべて感染の兆候です。ただし、パフォーマンスの問題に関しては、マルウェア以外にも多くの原因があります。

困難な検知

多くの種類のマルウェアはステルス型で、できるだけ長期間検知されないように設計されているため、簡単には見つけ出すことができません。スパイウェアは、デバイスからログイン情報などを収集します。それを検知して削除することができれば、攻撃者が利益を得ることを阻止または予防することができます。 バンキング型トロイの木馬も、情報、特に銀行のログイン認証情報を取得しようとします。

ルートキットは、あなたのシステムにバックドアを残し、リモートからアクセスできるようにします。このようにして、コンピュータをたとえばボットネットの一部として、DDoS攻撃を実行するために悪用します。これらの種類のマルウェアは、ウイルス対策ソフトウェアなしでは検知することは非常に困難です。

ウイルス対策ソフトウェアは常に有効に

それでは、コンピュータがウイルスまたはマルウェアに感染しているか調べるにはどうすればよいでしょうか?簡単な答えは、ウイルス対策ソフトウェアがなければ、ほとんどの場合不可能だということです。感染を疑う警告は、単に何か別のものが原因である可能性も高いのです。頭痛があるからといって、病気以外に、水を十分に飲んでいなかったことで、頭痛を発症している場合があるのと同じことです。

私たちのデバイスは、ウイルス対策ソフトウェアを使用していなければマルウェアに対して非常に脆弱です。デバイスの重要性を考慮すると、何かに感染させたくはないでしょう。マルウェアから安全に保つ最善の方法は、そもそもデバイスが感染するのを予防することです。したがって、F-Secure TOTALに含まれている受賞歴のあるF-Secure SAFEなどの優れたウイルス対策プログラムを入手して、AVとオペレーティングシステムを最新の状態に保ちましょう。

 

 

 

F-Secure Japan

19.11.19 5 min. read

カテゴリ

コメントを残す

Oops! There was an error posting your comment. Please try again.

Thanks for participating! Your comment will appear once it's approved.

Posting comment...

Your email address will not be published. Required fields are marked *

注目記事

関連する投稿

Newsletter modal

登録を受付ました。 購読受付のメールをお送りしたのでご確認ください。

Gated Content modal

下のボタンをクリックしてコンテンツを確認ください。