コンテンツを開く

テーマのトレンド

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、感染リスクの低減を目的としたテレワークに取り組む企業が急増しています。 テレワークを実施に当たり、リモートでもオフィスと同じように安全に業務を遂行できるような対策が必要で、VPNに関しても多数ニュースで取り上げられています。今回の投稿では、このVPNについて解説をします。

VPNとは仮想プライベートネットワークの略で、ネットワーク接続を保護してWebトラフィックを匿名化する非常に効果的な方法です。しかし、その実態は?その仕組みは?そして、なぜVPNを公共のWi-Fiで使用する必要があるのでしょうか?

VPNは、ユーザのデバイスとリモートロケーションの間に安全な接続を確立します。デバイスからVPNサービスプロバイダーのネットワークへのトンネルを生成します。そのデバイスのインターネットトラフィックは、すべてこのトンネルを経由してVPNサーバに到達し、接続先のWebサイトまたはインターネットサービスに送られます。これにより、トラフィックの発信元が隠され、VPNサービスプロバイダーのネットワークから発信されたように見えます。すべてのトラフィックが暗号化され、実際のIPアドレスが非表示になるため、サービスプロバイダーのみがユーザの活動を知ることができます。

ほとんどのサービスプロバイダーでは、VPNトンネルを接続するサーバの場所をユーザが選択することを許しています。これにより、ユーザのトラフィックは、VPNを接続したサーバが存在する国から発信されたように見えます。

公衆ネットワークでの安全な接続

Wi-Fiに接続するとき、そのネットワークが安全かどうかを知ることはできません(英語)。VPNはデータを暗号化するため、ハッカーがWebトラフィックを傍受することは著しく困難になります。このようにして、たとえ安全でないネットワークであっても、必要以上に心配せずに利用することができます。

暗号化が提供されることは、出張中のビジネスパーソンやレジャー目的の旅行者にとって非常に便利です。旅先では、安全でないネットワークに接続する機会が多く、危険と隣り合わせなことが多くなってしまいます。また、多くの国では、インターネットの検閲や監視が厳格に行われており、アクセスしようとしているWebサイトが宛先でブロックされたり、自国では問題なくアクセスしているコンテンツが違法の可能性もあります。

VPNはユーザのIPアドレスを隠す

Webトラッキングは多くの要素をまとめて追跡しており、IPアドレスはユーザまたはデバイスを追跡するひとつの要素にすぎません。しかし、IPアドレスを隠すと、Webトラフィックからユーザを結び付けることが難しくなります。必ずしもインターネットで完全に追跡不可能になるわけではありませんが、相当困難になることは確かです。

また、IPアドレスを隠すと、インターネットサービスプロバイダーには、ユーザのインターネットでの行動が見えなくなります。したがって、ユーザデータを保存することも、広告主に販売することも、当局に渡すこともできません。これは誰にとっても大したことではないように思えるかもしれませんが、多くの政府はインターネットプライバシーの保護に対して前向きな姿勢をとっていないのが現状ですので、重要な意味を持ちます。

仮想ロケーションを変更

VPNを使用すると、ユーザは仮想ロケーションを変更することができます。これは、Webトラフィックが別の国を通過するようにサーバの場所を変更できることを意味します。これにより、インターネットや一部のインターネットサービスへのアクセスが厳しく制限されている国を迂回する目的で、VPNが使用できるのです。この機能により、ジオブロックがかかった動画などのコンテンツにアクセスすることも可能になります。ただし、Webサイト側では、VPNを検出し、必要に応じてそのようなトラフィックをブロックすることができます。

世界中のゲーマーは、居場所を変えてもVPNを介して同じサーバに接続することでメリットを享受できます。これにより、各プレーヤーが最初に異なるサーバに接続する場合に比べて接続速度が向上します。速度が向上すると、遅延が減少し、マルチプレイヤーエクスペリエンスが向上します。

VPNのデメリット

常にではないものの、VPNに接続するとインターネットの通信速度が遅くなる場合があります。速度の変化に気付かないこともありますが、劇的に低下することもあります。またVPNを使用すると、ノートPCやモバイルデバイスのバッテリー寿命が短くなることがあります。

もうひとつの欠点は、VPNサービスプロバイダーに関連しています。前述したように、VPNを使用する場合、すべてのWebトラフィックはサービスプロバイダーを通過します。したがって、Webトラフィックに関するすべてのデータの管理は、インターネットサービスプロバイダーではなく、VPNサービスプロバイダーになります。重要な問題は、すべてのデータをゆだねる上で、インターネットサービスプロバイダー以上に、VPNサービスプロバイダーを信頼することができるかという点です。

無料VPNサービス

プライバシーにはそれほどこだわらずに、ジオブロック(地域制限)されたコンテンツにアクセスするだけなら、無料のVPNサービスで十分です。無料プロバイダーは、接続サービスからの課金がないため、データを販売するなど他の方法で収益を上げています。実際、無料のVPNプロバイダーの中には、機密情報を悪用したり、サードパーティに転売することを目的とした会社も数多く存在しています(英語)。また、無料のVPNは、有料のサービスに比べて通信速度が遅くなる場合があります。プライバシーを気にするユーザの場合は、無料のVPNを使用しない方が安全です。

一部のサービスプロバイダーは、ユーザアクティビティのログを記録する機能もあります。実際にプロバイダーがログを記録しているかどうか、そしてその目的は何かに注意することが重要です。サービスを使用する目的によって、VPNプロバイダーを信頼すべきかどうか、もう一度自問してください。

所在地が重要

VPNの安全性に関するもう1つの重要な要素は、サービスプロバイダーの所在地です。サービスプロバイダーは自国の法律に従う義務があります。これらの法律は、サービスプロバイダーが記録しているユーザデータを当局に提供することを要求することができます。これにより、VPNの使用に関してよりプライバシーが失われる可能性が生じます。一部のVPNサービスプロバイダーは、令状のカナリア(英語)を使用して、当局によるデータ提供の要求をユーザに通知しています。

エフセキュアはフィンランドに拠点を置いていますが、フィンランド政府は企業が市民を監視することを強制することはありませんし、強制はできません。エフセキュアのFREEDOME VPNは、データを暗号化し、オンラインの追跡をブロックし、実際のIPアドレスを隠すことができる使いやすいアプリケーションです。

F-Secure Japan

19.03.20 5 min. read

カテゴリ

コメントを残す

Oops! There was an error posting your comment. Please try again.

Thanks for participating! Your comment will appear once it's approved.

Posting comment...

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連する投稿

Newsletter modal

登録を受付ました。 購読受付のメールをお送りしたのでご確認ください。

Gated Content modal

下のボタンをクリックしてコンテンツを確認ください。