コンテンツを開く

テーマのトレンド

フェイクニュースを見破るには?

F-Secure Japan

16.03.20 3 min. read

フェイクニュースとは、主にSNS上で流布される本物を偽った虚偽情報で、本物のニュースを装って巧みに作成されたニュースのことです。フェイクニュースの目的は、うわさを広め、緊張や不信を生み出し、政治を混乱させて世論を誘導することにあります。

通常、フェイクニュースは人の心をつかむことがうまく、見出しもセンセーショナルです。この感情と信念に訴える見出しとコンテンツにより、そのニュースをほかの人と共有してしまいます。 特に、フェイクニュースを共有した人が、有名人や政治家、または多くのフォロワーを抱えている人の場合、その影響力は絶大です。また、フェイクニュースは政治的に偏った内容が多く、中には風刺を目的としたものもあります。

フェイクニュースが拡散すると、その内容は一般市民の意識の中に入り込んできます。一旦そうなってしまうと、フェイクニュースに立ち向かうことは困難です。たとえその情報が間違っていたとしても、その記事の内容が、情報源として使用されさらに広がっていきます。

フェイクニュースを拡散する理由

フェイクニュースは、自分達の立場を強固なものにしたり、敵対する相手を弱体化させたり(英語)、その両方を望むグループによって拡散されます。フェイクニュースという言葉自体は最近のものですが、人の噂が存在した時代からは存在ていました。 特に20世紀になると、敵を中傷するプロパガンダとして使われたり、軍隊の士気を高めるために使用されることが一般的になりました。

ソーシャルメディアの台頭は、正しいニュースを伝えるだけでなく、フェイクニュースを拡散させる完璧なプラットフォームが出現したことも意味しています。 ソーシャルメディアは、どこからでも、誰もが瞬時に世界中にニュースを発信できるようになりました。 そのため、海外の脅威アクターがフェイクニュースを利用して世論を混乱させたり、グループ間の緊張を引き起こしたり、他の国の選挙に影響を与えることが可能になりました。真偽の程は定かではありませんが、多くの政府は、国内外でフェイクニュースを拡散するための組織や、支援する組織を持っていると言われています(英語)。

 

「ポスト真実」の時代

フェイクニュースが及ぼす最も深刻な影響の1つが、ニュースそのものの信頼性を損なってしまうことです。何でもフェイクニュースとして片付けられてしまうこともあるでしょう。多くの人にとって、そのニュースが真実なのか虚偽なのかを識別するのが、一層困難な事になっています。本当はフェイクニュースなのに、時として真実として語られることもあります。同様に、本物のニュースが、個人の意見に基づいて偽のニュースとして片付けられる事も起きています。多くの場合、支持された信念や意見がフェイクニュースによって増強されるにつれ、真実の重みは薄れていきます。

このことから、私たちは今、「ポスト事実」の時代を生きていると言われています。政治的議論においては、事実や専門家による分析の重要性が、意見、信念、感情に比べて低く見られる事象も起きています。フェイクニュースとポスト事実の政治は、たとえば米国や英国の現在の政治と強く結びついています。もちろん、このような批判的な声すらもフェイクニュースであると非難されてしまうのです。

フェイクニュースを見破るには?

フェイクニュース記事は、意図的に真実のニュースを巧妙に装って作られているため、見破るのが難しい場合が多々あります。もし今見ているニュースが偽物かもしれないと感じた場合、調べることができるフェイクニュースならではの特徴がいくつかあります。

フェイクニュースは、可能な限り迅速に拡散することを目的としています。だからこそ、センセーショナルな見出しで感情に訴えることを意識しているのです。残念ながら、各メディアに潜む多くの攻撃アクターも、clickbait(クリックベイト)として知られるキャッチーで誇張された見出しを使用しています。しかし、見出しが常識外れのように思える場合は、そのコンテンツが正当かどうか疑いを持ち、正当性を示す兆候を探す必要があります。

コンテンツにも警戒すべき特徴があります。タイプミスや乱暴な言葉が散見していたり、対象を直接的に攻撃しているような内容は、正規のニュースによって発表されたものではない可能性があります。その記事の内容が大手メディアからは発表されていなければ、その理由を尋ねてみたくなるのももっともなことです。

もう1つの警戒すべき兆候は、そのニュースの発行元の情報が見つからない場合です。この場合、ニュースについて疑問を持つことが重要です。多くの場合、フェイクニュースはボットや偽のアカウントによって拡散されますが、実在するプロフィールや見知らぬ読者によっても拡散されるため、見分けるのが難しくなっています。Webサイトや投稿者のプロフィールの正当性を調査するのは、手間がかかり厄介な作業になります。また、騒がしいソーシャルメディアの調査もスムーズには行きません。しかし、そのような状況にあっても、情報源を見極めることは絶対に欠かすことはできないのです。

国際図書館連盟(IFLA)は、フェイクニュースを識別するためのガイドライン(英語)を公開しています。簡潔に言うと、人々の関心を煽るような見出しに出会ったら、他人と共有するかどうかを決める前に、記事の内容と、記事が投稿されたサイトの信頼性を確認してください。

F-Secure Japan

16.03.20 3 min. read

カテゴリ

コメントを残す

Oops! There was an error posting your comment. Please try again.

Thanks for participating! Your comment will appear once it's approved.

Posting comment...

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連する投稿

Newsletter modal

登録を受付ました。 購読受付のメールをお送りしたのでご確認ください。

Gated Content modal

下のボタンをクリックしてコンテンツを確認ください。